本物のMade in Japanを低価格で。倉敷市児島のシャツブランド【マルシェ商品紹介Vol.5】


地域発!いいものマルシェ(Seventh Sense Folklore)

「地域発!いいものマルシェ」で販売する商品の紹介、第5回は、倉敷市児島のシャツブランド、Seventh Sense Folkloreさんからの商品です!

「Seventh Sense Folklore」とは

岡山県の児島でカジュアルシャツのOEM事業(他社ブランド委託生産・加工)で生地から縫製、加工まで年間5万枚以上の生産実績をもとに、そこで培ったモノづくりのノウハウ・背景を活かし、2013年に自社ブランド「seventh sense folklore(SSF)」を立ち上げ。

SSFのモットーは「本物のMade in Japanを低価格でお客様に」。

デザイン、企画、生産、直営販売を全て自分たちで行うことにより、他では買えない価格でデザイン性豊かな高品質のシャツを実現しています。

全て自社工場で生産しているので、お客様の声が作り手に届き、製品はお客様と共に日々発展していっています。

例えば市販されているMade in japanのシャツがおよそ2万円ぐらいするところを、圧倒的な価格と品質でお客様にお届けできます。

また、デザインもシャツ工場ならではのトレンドなどを発信しています。

物作りの良さを多くの人たちに伝えていきたいということを使命とし、ブランド名の『Folklore』という単語には、お客様に弊社の商品の良さを”伝承”して欲しい!という願いも込められています。

いいものマルシェでの販売予定商品

SSF-WC-04

Seventh Sense Folklore

販売予定価格:7,800円(税別)

当店で一番人気のシリーズで、表から見た糸は白色ですが、裏糸は配色になっています。

また普通のボタンではなく、生地を一つ一つ包んだ”くるみボタン”になっており、今回のそのくるみボタンはボーダー柄になっており、リネンも入った、夏でも涼しく着こなせる商品。

SSF-BDB-01

Seventh Sense Folklore

ボタンダウンシャツ(BD)となっていますが、普通のボタンダウンシャツではなく、ボタンダウンなのにあえてのワークシャツのディテールを散りばめたビンテージ仕様。

カラカンという糸を出していますが、これもビンテージ仕様になっています。

そして細かいステッチワークにする事によって、ボタンダウン本来のキレイめにも仕上げています。

今回初の試みとなるボタン裏にテープを入れ、他にはないボタンダウンシャツになっております。

ボタンはベージュの天然の貝ボタンをつけることで、高級感も出ているシャツになっています。

販売予定価格:8,800円(税別)

SSFP-FB-01

Seventh Sense Folklore

インディゴチェック生地を使用し、ポケットの形が変わっています。

昔の人が使っていた懐中時計が入るポケットになっており、ビンテージ仕様になっています。

また、写真ではわかりにくいですが、襟の所にテープが入っており、クオリティの保障やMade in japanを象徴するものになっています。

ボタンも天然の木を使うことで少し外したオシャレ度になっています。

最後に一番凄いところが、細かいチェーンステッチを表に出すことで、インパクト大となっています。

また襟も今年流行りの小ぶりな物となっています。

販売予定価格:12,800円(税別)

SSFP-TD-03

襟元は人気のワイドカラーシャツの襟元で、肩の前の部分に”ヨーク”というパーツをつけることにより、肩の可動域が広がりとても動かしやすく、着心地が良い商品になっています。

さりげなく裏生地を入れることで、光に当たると透けてワンポイントでかっこいい物になっています。

また、その生地を左袖に入れていることも、一つのポイント。

当店の商品の中でも細身の物になっていて、女性でも男性でもかっこよくキレイめに着れる商品となっています。

販売予定価格:12,800(税別)