マルシェ商品紹介Vol.2 尾道の空き家を再生させながらできた手ぬぐいなど


地域発!いいものマルシェ(尾道)

「地域発!いいものマルシェ」で販売する商品の紹介、第2回は、尾道ゲストハウスあなごのねどこさんがキュレーションしてくれた商品です!

「尾道ゲストハウス あなごのねどこ」とは

古くから港町として栄え、坂の町としても独特な景観をもつ尾道。

しかし、山手地区と呼ばれる斜面市街地では、車両が全く入らないエリアが広がり、尾道駅から東に2〜3キロ圏内には、400件近くの空き家が確認されています。

そんな山手地区や路地裏の景観を守り持続させていくための団体が、あなごのねどこを運営するNPO法人尾道空き家再生プロジェクト。

2007年から現在までに16件の空き家を、ママサロン、カフェやアトリエの集まる複合アパート、ゲストハウスなどに「建築塾」(ワークショップやまちあるき)などを通して地域団体・住民の方々の協力を得ながら、再生してきました。

また、尾道市との官民連携による「尾道市空き家バンク」により、5年間で60件以上の空き家に移住者を送り込んでいます。

その中でも2012年から、尾道ゲストハウスあなごのねどこの改修及び運営を開始し、移住者の活躍の場を築いてきました。

移住者の漫画家や美術大学に通う学生にデザイン依頼をし、新たな雑貨や冊子などといったグッズを制作してきました。

少しでも彼らの生活の支えになるように尾道のモノづくりを応援しています。

いいものマルシェでの販売予定商品

あなごのねどこ 間取り手ぬぐい

あなごのねどこ 間取り手ぬぐい

うなぎの寝床のような長細い町家の造りをしたゲストハウス「あなごのねどこ」の手描き図面を、手ぬぐいの長さを活かして制作しました。

図面はあなごのねどこの再生に多大なご協力をいただいたココロエ一級建築士事務所の荒川佳大さんが描いてくれました。

墨汁色の手ぬぐいなので、作業汚れも目立たないので、実用的です。

またタペストリーとしても絵になります。

手ぬぐいサイズ:35×90㎝

販売予定価格:1,000円

Nの視点ポストカード

Nの視点ポストカード

尾道大学を卒業したカメラマン西川さんによる、尾道の一瞬を撮影したポストカードが出来ました。

今も見ることができる昔ながらの尾道の風景は、これからも残していきたい町の財産といっても過言ではありません。

6枚セットがお得です。

販売予定価格:1枚150円、6枚セット800円

空きプレスvol.1~7

空きプレスvol.1~7

尾道大学の小野環さんと尾道大学美術学科卒業生の西川真理子さんのデザインによる、マップ付きタブロイド紙。

年に一度、その年の活動のまとめとして発行しています。

次々と再生されていく建物や面白い建築、街歩きコースなどがプロットされた地図の裏面には、再生空間の特集や再生人のインタビュー、つるけんたろう氏の4コマ漫画も連載されています。

A2サイズ、両面フルカラー。

販売予定価格:1部100円

尾道式空き家再生術

尾道式空き家再生術

東京工業大学と共同で発行した空きプレスのバイブル的冊子で、活動全般の概要や関わっている人物像が、図鑑形式で掲載されています。

これを読めば、一地方都市である尾道に魅力的な再生空間が次々と出現していく謎が解けるはずです。 

A5サイズ、全ページフルカラー、33ページ。

販売予定価格:500円